外国人に和食の作り方を教える体験

イベント情報

日本に住んでいる外国人
または
日本を訪れている外国人
に、20分でできる和食の作り方を教える
株式会社わしょクック

ホストファミリーを養成するスクールを開講している
日本ホストファミリー養成協会
コラボイベントを開催し
外国人と一緒に和食を作る体験をしてきました。
出来上がったお料理は、これ。
巻き寿司とお味噌汁、そしてごまプリン(抹茶ソースがけ)。

washocook

当日は、アメリカ、オーストリア、フランスからのゲストも参加し
私たち日本人は、英語で料理の説明を聞き
ゲストとは日本語で会話をする、という
なんとも楽しい会となりました。
(ゲストはみなさん、日本語がとてもお上手でした!)
  
とっても興味深かったのは、
私たち日本人が普通にやっている包丁使いや
盛り付けなどが
外国人には未知のものだ、ということ。
 
たとえば巻き寿司を切る時。
私たちは当然のように包丁を
押したり引いたりして、そ〜っと切りますよね。
そうしないと、
べちゃっと巻き寿司の切り口が
潰れてしまうことがわかっているからですし
そ〜っと切ることも、
子供の頃からなんとなく身についているからです。
 
でも、外国、特に欧米などでは包丁を垂直に下ろす使い方しかなく
そ〜っと切ることが「初めての体験」になるというのです。
つくづく、
自分ができることと
他者(特に他文化の人)に教えることは
全く違うことなんだなぁ!と思います。
 
だからこそ、交流する意味があるのですよね。
  
私は「日本ホストファミリー養成協会」の認定講師として
協会の活動内容をプレゼンしました。
 
dsc_2743
 

日本ホストファミリー養成協会では、
自宅に外国人を受け入れ、交流する
ホストファミリーを募集し、そのノウハウを伝えています。
私がこの活動に参加している理由は

 

人には必ず輝ける場所がある

 

と信じているからなんです。
人には必ず輝ける場所がある。
でもそれは、必ずしも生まれ育った国・場所であるとは限らない。
外国人との交流は、
自分が輝いて生きるための
誰かを輝かせるための
選択肢を広げることにつながると思っています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました