この私

わたしのこと
脚本家の木皿泉さんが、 日経新聞の夕刊のコラム「プロムナード」に 「この私」というタイトルで執筆されていました。     気になるタイトルだな、と思って拝読したら、 作家になるために会社を辞めた時のことや ご主人様との心温まるエピソード、 そして最後に  
もしもなんて、この世にはない。 すべてを引き受けて、今、私はここにいるのだ。 この私以外、私はいない。
  とありました。 なんだかね、私の今の心にヒットしたのでしょうね。     バラはひまわりにはなれないし ひまわりはかすみ草になれない。   では、私は何者で、何になろうとしているのか? ふとそんなことを考えていたここ数日なのです。   折しも、息子が書いているブログを読んだのです。 なんか、肩の力が抜けていく気がした。   ブログ、書かなきゃ!って 肩肘張ってた自分に気づいた。 でも自然体で、日常を綴る息子のブログに すごく勇気をもらったし、 毎日書き続けていることを、素直に尊敬したい気持ちになりました。     悔しいけど。 親だけど。   息子から学ぶことは、本当に、多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました