月と時計と早稲田大学

お金のお話

早稲田大学ビジネススクール MBA Essentials 2017<ファイナンス総合コース>

この日の学びは、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村上世彰氏の著書「生涯投資家」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生涯投資家 [ 村上 世彰 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/11/8時点)

 

 

を読んで以来、気になっていた「コーポレートガバナンス」。

一言で「コーポレートガバナンス」と言ってもそれは

  • 法律家の視点なのか
  • 投資家の視点なのか
  • 経営者の視点なのか
  • はたまた従業員の視点なのか

によっても、まるで見方や意見が変わるし

  • 経済学としての視点なのか
  • 社会学としての視点なのか

によっても違ってくるのだという。なるほど。企業経営というのは、そんなに一筋縄で行くものではないはず。

今回の学びでは特に、日本と欧米との比較が面白かった。商習慣が違えばコーポレートガバナンスだって違って当然。株式を保有する目的さえも変わってくる。

そんな文化や背景が違う中で、たくさんの投資家が世界中の企業に投資をしているのだ、株主として名を連ねているのかと思うととても興味深い。

この日は満月ではないけれど、かなりま〜るいお月様。授業が終わった後、大隈講堂の時計と月の丸さが似ていて、気持ちがほっこりしました。

残すところあと1回。こうして大学の学外授業を受けられて、新しいことを学べて、わずかな時間だけど学生気分にも浸れる。こんな毎日が、好き。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました