本来、金融とは

セブから無事帰国しました。 セブへは3回め、フィリピンへは今回の渡航で都合6回めとなりました。   感じることは、やはり「活気がある」ということ。 若い人が多い(平均年齢23歳)こともあるでしょうが 人々のエネルギー値が高いように感じます。    例えば、お店に入った時の接客。 最近の日本では見かけなくなったかも?と思うくらい 積極的に接客をしてくれます。   日本の接客に慣れていると 「ちょっと放っておいて」と思うこともあるのですが 一生懸命仕事をしている様子は、応援したくなるものです。    今日は私の「お金に関するバイブル」を2冊、ご紹介したいと思います。   1)投資家が「お金」よりも大切にしていること(藤野英人著)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資家が「お金」よりも大切にしていること [ 藤野英人 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)


  2)投資は「きれいごと」で成功する(新井和宏著)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資は「きれいごと」で成功する [ 新井和宏 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)


   もしご興味があれば手にとってみてくださいね。 この2冊に共通している点は、本来の「金融」を 語っていると感じられることです。   「金融」とは、「お金」を「融通」すること。   銀行や証券会社といった金融機関の本来の役割は 必要な場所にお金を融通し、融通した先の成長とともに 相応の報酬を受け取り、それをまた必要な場所に融通していくこと。    決して、晴れているときに傘を貸し 雨が降ったら傘を取り上げる、ものではないはずです。   私はこの「必要な場所」の見極めが、すごく大切だと考えます。 経営者が何を考え、どういう目的で、どこに向かっているのか? 自分はその考えや目的に賛同できるのか?   大切なお金だからこそ、しっかり考えて資産運用をしたいものです。   私の投資ポリシーをお伝えしますね。 1)その資産運用プログラムをつくっている メーカー(経営者)と私が直接つながっていること 2)誰かを幸せにする資産運用であること

コメント

タイトルとURLをコピーしました