日本人はお金がスキ?キライ?

お金のお話
  こんにちは。やまがたのりこです。   さる4月29日(土・祝)に、友人の和田さんと 「お金の勉強会」を初開催しました。   お金が10万円あれば? 50万円あれば? 100万円あれば? 1000万円あれば?   どんな活用ができるのか?という話をしたり 私はフィリピンについて 観たことや感じたことをお伝えしたり 私自身のお金との付き合い方も お話しさせていただきました。   左脳系の和田さんと右脳系の山形。 参加してくださった方のお一人お一人に どこかしら響いた箇所があったみたいで 私たちが想像していた以上に盛り上がり 開催してよかったなぁ、と思っています。 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!   次回は同じ内容で5/24(水)に平日開催、 そして6/24(土)は違う内容で開催します。 今後定期的に、継続的に開催していこうと思っており ネタ探し中です。   現在は東京限定での開催ですが 機会があれば地方へも行きたいなぁ。     ところで、資産運用に関して 米国・英国と比べた日本は面白い数字が出ています。 (金融庁調べ)   【家計の金融資産構成比における現金・預金の割合】 米国:13.7% 英国:24.4% 日本:51.9% *日本人は金融資産の半分強を現金・預金で保有していることがわかります。 それに対して米国人は14%、英国人は25%程度ですから お金の振り分け方がいかに違うかが、明白ですね。 もちろん、どちらが良い悪いではありません。   【株式・投信等投資比率】 米国:45.4% 英国:35.7% 日本:18.8% *年⾦や保険など間接的な保有を含めても 株式・投資信託の保有率が20%に満たない日本人。   しかも、投資をしたことのない人の実に8割が 「有価証券への投資は必要ない」と考えており その理由は「そもそも興味がない」という興味の問題 あるいは、 「投資は損をするリスクがあり怖いもの」 「知識がないため投資で資産形成できるとは思えない」 というリテラシー(知識)不足によるものだそうです。   私たち日本人は「お金」が好きですが、その実 「お金を貯め込むこと」が好きなのであり 「お金に社会で働いてもらうこと」は好きではないようですね。   実はこれ、「働く」ことに対してのイメージが そのままお金に対するイメージになっている、 という説があります。 このことについては、次回のメールでお伝えしたいと思います。   これほどまでに現金・預金の保有率が高い日本。 このことは資産形成においてどう影響しているのでしょうか? 過去20年間の家計金融資産の推移において 米国・英国と比べてこれまた面白い結果が出ています。   【各国の家計金融資産の推移】 *前提*1995年を1とし、2015年時点での指数 米国:3.11倍 英国:2.83倍 日本:1.47倍   1995年の時点で100万円持っていたと仮定すると この20年間での資産運用結果は 米国:311万円 英国:283万円 日本:147万円 であることを意味しています。   誰しもいつかは働けなくなって、 貯まったお金と年金だけで 生活する日が来ることを考えたら 今からしっかりと資産運用を考えることは とても重要だということがわかります。   連休中に一度、ご自身の資産の割合(ポートフォリオ)を 整理してみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました