集中と分散

こんにちは。やまがたのりこです。   東京で、桜が少しずつ葉桜に変化していく様子を眺めながら 「今年もたくさん桜の下を歩けたなぁ」と感じています。   先日は日本文化の代表とも言える「お茶・お花」を体験してきました。 恥ずかしながら私、若い頃には「日本文化」なるものには さほど興味がなく、お茶は初体験、生け花もフラワーアレンジメント しか経験がありませんでした。   ありがたいことに昨年は、海外へ行く機会に恵まれ 外国に身を置いて見たからこそ、お茶やお花を体験してみよう と思えたのだと思います。   お茶の所作は、機能的で美しいと聞いていましたが それは想像以上で、無駄がない上に美しく こんな文化が日本では脈々と受け継がれていたのか、 と知り、さらに誇らしく感じた次第です。     「たまごは一つのカゴに盛るな」 という言葉を聞いたことがあるでしょうか? そのカゴが落ちてしまったら、中のたまごがすべて割れてしまう というたとえを用いて、特に投資において 資産を1ヶ所にだけ集中させて置くことは危険である、 と警鐘を鳴らした言葉です。   これには一理あり、先日複数のアパート経営をされている 大家さんにお話を伺った時も、賃貸物件をたくさん持ち 分散すればするほど収入が安定する、とのことでした。   ただ実際のところ、ある程度まとまった金額がないと 分散投資をしても、お金が育つスピードが遅いという現実もあります。 「まとまった金額」と思える額は人それぞれだと思いますが 「まとまった金額」を作る過程では集中して育てる、 ということも必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました