人は利益と損失では感じ方が違う

こんにちは。やまがたのりこです。
 
今日はあまりのお花見日和で
朝一番の打ち合わせの後、
ついついお花見散歩をしてきました。幸せ♡
 
 
さて、突然ですが質問です。
皆さんならどちらを選びますか?
 
質問1
A)「無条件で100万円もらえる」
B)「コイン投げでおもてなら200万円もらえるが、裏ならゼロ」
 
 
質問2
C)「無条件で負債を100万円減額」
D)「コイン投げで表なら全額棒引きされるが、裏ならそのまま」
 
多くの被験者はAとDを選ぶのだそうです。
私ならAとCだな、と思っていたので少し意外でした。
 
どちらも経済的メリットの期待値は100万円なので
質問1でAを選ぶなら、質問2ではCを選ぶのが理にかなっているはず。
 
なぜAとDのような矛盾した選択をするのでしょうか?
 
お気づきでしょうか?
質問1は「もらえる・増える」のお話で
質問2は「借金が減る」お話です。
 
借金=損失は、脳内で恐怖体験として処理されるため
損を避けられるならたとえ50%の確率であっても
可能性にかける!というのがこの調査結果の意味するところです。
 
つまり人は、元本へのこだわりが大きい。
だから10万円の利益で得られる喜びより
10万円の損失で感じる悲しみは約2倍も大きいのです。
 
なるほど、その気持ちは痛いほどわかるなぁ〜と思った次第です。
 
ところで、借金というのは本当に損失なのでしょうか?
私が初めて公的に「借金」をしたのは約3年前、
住宅を購入した時でした。
 
それまでクレジットカードを使うことはありましたが
きちんと審査を受け、金額的にも大きなお金を
銀行から借りるというのは初めての体験でした。
 
当時の私は独身独居、高いとは言えない年収のOL、
実は3行から融資を断られました。
融資してくれると回答してくれた銀行が
今、借入をしている銀行なのですが
融資OKの回答をもらった時のうれしかったこと!
 
融資って、借金って、負担とか損失とかじゃなくて
私の「やりたい!(=家を買いたい)」を応援してくれるもの
だと合点がいきました。
 
そう思うと、毎月の返済も「ありがとう!」という気持ちでできますし
お金ってやっぱり(私を応援してくれる)親友だわ♡と思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました