投資と投機の違い

お金のお話

こんにちは。やまがたのりこです。

8月に入ってから仮想(暗号)通貨「ビットコイン」が
分裂だの高騰だのと新聞やインターネット上を
賑わせていました。

私は購入した仮想(暗号)通貨が
購入時より6割減(!)しており
複雑な気持ちでニュースを見ています(笑)

昨今の仮想(暗号)通貨購入ブームは
投資か?投機か?に始まって
そもそも投資と投機って、どう違うんだろう?
と考えています。

インターネットを検索すれば
いろんな人の定義(考え方)が表現されています。
では私は?
自分なりの定義を持ちたい!と思い
「資」の字の意味と
「機」の字の意味を調べてみました。

「資」には、材料・素材・元手
「機」には、からくり・仕組み・きっかけ
といった意味があることがわかりました。
(デジタル大辞泉より)

このことから「投資」は
土台・基盤になるものに(お金を含む)エネルギーを投じること
「投機」は
(土台・基盤の上にある)仕組みやからくりにエネルギーを投じること
なのではないか、と仮定義してみることにしました。

どちらが良い、悪いでもなく
正しい、間違っている、でもありません。

ただ、自分の(お金を含む)エネルギーを投じる以上
投じ先のことをきちんと知っておきたいな、と思います。

ちなみに、「投」という字には、
ほうる・(あきらめて)投げ出す
といった乱暴に思える意味もありますが
ある場所に収まるようにする・うまくつぼにはまり込む
のような意味もあるようです。

こう考えてみると、今目の前にある
時間やお金の使い方に「はっ」とさせられました。

私自身は、自分の土台を作るもの選んで
食べたり学んだりすることに
時間やお金を投じたいと思いますし
一時しのぎではなく、根本的・本質的に社会をよくする
事業や企業に投資していきたいな、と思いました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました