暮らすように旅をする

ふらり外国旅
%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%99%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%aa%e6%ad%a9%e3%81%8d 2010年の春にこんな本を買っていました。   その頃の私は、 いつか「暮らすような旅」を実現するぞ! とこの本を眺めながらイメージを 膨らませていたはずです。   少なくとも6年以上もの間 暮らすように旅をする ってことに、憧れていたんだなぁ と我ながら感慨深いです。    旅行って言葉が、 どうしてもしっくりこないんです。    私にとって旅行って、すごく忙しいイメージ。 旅行って、夢の時間とか非日常なイメージ。 特別な時間を作って、特別なことをする時間。 それが旅行。    私、そういうのあんまり好きじゃない。    もちろん、見たことのない景色を見たいし その土地のことが知れるような場所には行きたい。    でも、あたかも日常のように、そこにいたい。 ふらっと、気分だけで出かけてみたい。 計画なんて立てたくない。 時間に追われるようには、行きたくない。    せっかく行ったその場所で 思う存分五感で感じたいし 気がすむまでその場所を、空気を感じていたい。   だから私の旅はノープラン。 だから私の旅は期間が長め。   暮らすように旅したい。 本当は1993年に初めて パリを訪れた時からの憧れです。   実はこの本の中には 私が1993年に訪れた時に 宿泊したプチホテルも掲載されているのです。   %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab   たくさんの思い出がつまっており きっと、原点に帰らせてくれる場所。    途中、仕事や子育てに追われ こんな憧れを持っていたことさえ 忘れていましたが、 子どもも巣立ってようやく 憧れを現実のものにできる 日がやって来そうです。    こんな「じぶん実現」 一緒にやってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました