過去の記憶とつながって、新しい未来を創りだす

それが、旅。

それも、旅。

 

ブルックリン美術館へ行きました。

全然行くつもりなんて、なかった。

 

ただ、あんまり遠出をしたくなくて

せっかくブルックリンに滞在しているなら

ブルックリンの中もしっかり観たい

その程度の気持ち、だった。

 

ブルックリン美術館で出会ったのが、これ。

ジュディ・シカゴ氏のディナー・パーティ

という展示の一部。

 

この絵を見た瞬間

私の時計は一気に30年前へと逆戻り。

 

この絵は、

 

他でもない恩師の著書の表紙となった絵。

 

その恩師のもと、19歳〜20歳の多感な時期に

アメリカ発の文献を英語で読みあさった時代。

 

生まれて初めての海外が

語学留学先だったアメリカ。

 

あの頃の自分がいるから

今の自分が、ある。

 

知識も興味や好奇心も、行動も考え方も

あの頃の自分が礎を築いたから

今の自分が、ある。

 

30年間途切れていたアメリカとの接点が

 

この瞬間につながるような気がした。

 

今、私がいる場所がアメリカ。

旅を通して

過去の記憶とつながり、新しい未来を創りだす