こんにちは。やまがたのりこです。   スペインのバルセロナに滞在しています。 毎日お天気が良く、開放的な雰囲気、 美味しい食べ物、親切な人たち、と とても充実した時間を過ごしています。   この街には本当に驚くような建築物がいっぱいです。   世界遺産になっているサン・パウ病院       ラペドレラ(カサ・ミラ)         サグラダ・ファミリア。     100年前に設計・建築されたものとしては あまりに現代でも斬新で機能的です。   これらの建築物にかかった時間やお金 それに労力を考えると なぜこんなことがなし得たのだろう? と考えずにはいられません。   ひとつ言えるのは 未来を生きる人たちのことを思って 投資した人がいた、ということ。   投資したものは財力だったり 設計技能であったり 労働力であったりと、 様々だったとは思いますが 100年後に暮らしている市民の満足ぶり 観光客の感嘆ぶりを思うと 当時投資をしてくれた方々に 頭がさがる思いです。   ひとつの街を作るほどの 大規模な投資はできませんが 私たちには私たちにあった投資が 必ずあるなぁ、と感じました。   バルセロナ、いいところです。 まだ訪れたことのない方には ぜひお勧めしたい街です。