コロナでわかった!人生は○○ではないからこそ、今すべきこと

お金を育てる
投資未経験者・投資初心者専門/投資マインドコーチの
やまがたのりこです。
 
今日から始められる
「まさかに強い資産づくり」
をサポートしています。
 
 
さて、

人生には、3つの坂があると言われています。

上り坂、下り坂、そして「まさか」です。

 

 

不況やリストラ、会社の業績悪化、世界情勢の変化、
あるいは自分の病気、家族の介護、自然災害など、
私たちには沢山の「まさか」が待っています。

 

 

今回のコロナで、私たちはその「まさか」に見舞われているのではないでしょうか?

こんな中でも

  • 普段通り暮らせている人
  • 仕事を失いそうな人
  • 仕事がお休みで収入もなくなり困っている人
  • 仕事はなくなったけれど、どうにか自分で生活できる人

がいますよね。

 

 

もちろんそれは、業種や職種によるものも大きいですし、

あとは、ここまでいかに備えてきたかの違いなのです。

もちろん、備えたくても備えられなかった事情があるはずです。

大変な想いをしていらっしゃると思います。

 

 

だけど多くの人に言えるのは
戦争を知らずに生まれ、
いろんなテロや災害、他国での戦争は起きたけど
それらはどこか対岸の火事。
自分だけはこのまま何事もなく、
今の延長線上で老後を迎えられると思っていたのではありませんか?
特に日本人は平和ボケしてると言われています。
今回のコロナで、それは幻想だということを思い知った方が多いと思います。

 

人生は安泰ではありません。

 

これまで、一部の人の特別な状況や環境によって
直面したと思われていた困難が
誰の身にも起きうることがわかったからです。
 


私自身もそうです。
震災で私が幼少期に住んでいた町が壊滅したり、
東日本大震災の映像で大きなショックを受けたり
私の生まれた町が水害にあったこともあります。
これからも首都圏直下型地震や南海トラフ大地震が起きるとも言われており
いつ何時、何が起きてもおかしくない世の中になっています。
だけど、やっぱりどこかで「自分だけは大丈夫なんじゃないか」と思っていました。

 

 

私たちが築いてきた資産は
「このまま、安泰で老後を迎えた場合」を想定しています。
無事に、望む年齢まで働けた場合を想定しています。
資産の内訳も考えることなく
「総額でこのくらいになっていたらいい」と思って
資産づくりをしている人がほとんどです。

 

 

不況やリストラ、会社の業績悪化、世界情勢の変化、
あるいは自分の病気、家族の介護、自然災害など、
私たちには沢山の「まさか」が待っています。

 

 

だとしたら、私たちは今「まさかに強い資産」へと
シフトチェンジするべきだと考えます。

 

 

あなたの資産は、「まさかに強く」築けていますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました