詐欺に遭わないためにも知っておきたいクレジットカードのこれから

じぶんを育てる
こんにちは!
 
先日の新聞に、クレディセゾンが2020年秋にも
カードを発行せずにスマホで決済できるサービスを始める
との記事が出ていました。
 
キャッシュの代わりのクレジットカード、すらも
なくなっていく時代なのですね。
目的のひとつは、
カードに表記されている情報が漏れるのを防ぐこと。
会員番号や有効期限、セキュリティコードなど
決済に必要な情報が満載ですからね。
 
以前テレビでは、カードを一瞬見ただけで
その情報を記憶し、悪用する人が報道されていました。
こわっ!!
そんな能力、他に活かすところたくさんありそうです。
 
余談ですが犯罪対策といえば
カードレスで不正利用が減り
無人店舗で万引きが減り
大きな時代の変化を感じます。
 
また、磁気テープでもなく、ICチップでもなく
NFCと呼ばれるある種の無線通信を利用し
「かざす」だけで決済ができるカードもVISAが進めている
という記事もありました。
 
この方式はオーストラリアでは
数年前から取り入れられている決済方式で
日本国内ではようやく
取り入れる店舗が出てきた段階です。
 
ともあれ、カードレスになれば
紛失・盗難→カード無効化連絡→再発行
などの手続きもぐんと減ることでしょう。
 
となると、ユーザーは安心できる一方
コールセンターの人手もさらに減り
カード会社の収益は上がる・・・かな?
 
ちなみにカード関連だと
大御所のVISAやMasterCardは
このキャッシュレス時代、
笑いが止まらないでしょう。
コロナウィルスの影響も小さそうですしね。
 
Masterカードの株価(米国株)は
この半年ほどで1.2倍になっています。
 

とはいえ、大切なのは、

このように社会が進化していることを

知っておくこと。

自分が不便を感じないからといって

社会の変化・進化を知らずにおくことが

詐欺のような被害に遇う「隙」を作るのではないかと思います。

 

大切なものを守るべき手段は、持っておきたいですね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました