苦難の時にできること 

じぶんを育てる

こんにちは!いかがお過ごしですか?

 
きっと多くの人は想像していなかったであろう
コロナウィルスによるここまでの社会不安。
 
このウィルスが本当はどこまで怖いウィルスなのか?
という事実よりも、人々の感情的な「不安」で
社会が揺さぶられているようにも見受けられます。
 
東日本大震災の時もそうでしたが
私たちにはどうにもできないこと、も
幾多ありますよね。
そんな時に合言葉のように出てくるのが
 
「今、できることを、やろう」
 
主体的で、好きです。この言葉。
 
じゃあ「今できること」って何があるか?
 
ここでは、「お金とじぶんを育てる」がテーマなので
それに関連したことを書いてみようと思います。
 
まず「お金」。
わかりやすく日経平均株価の乱高下が報道されています。
こんな時は
・動かないのがいい
・安くなっているから買い時
・あ〜大損!仕方なく塩漬け
・やっぱり株って怖いじゃん!絶対しない!
などなど、いろんな意見が出ます。
 
正解は人それぞれ、心の中に持つものだとは思います。
 
一方で、どれほど社会不安に陥っても
株価が下がり続けても
それでも、そんな中でも、
業績を上げられる会社
騒ぎが収まったら早く立ち直れる会社
こんな騒ぎの中だからこそ重宝される会社
も、あるんです。
 
考えてみれば当たり前ですよね〜
 
リーマンショック(2008年)の時もそうだったらしいです。
 
巣ごもり消費といって、
NetflixとかUsenNextなどは
普段よりユーザーが増えるでしょうし
アメリカではDomino Pizzaなど好調だそうですよ。
 
在宅ワークが増えて、クラウドサーバーを運営する会社や
インターネットで通信教育を配信する会社なども
重宝されているようです。
 
個人投資家としては、手が出せない局面でも
事態が好転してきた際の投資先を選ぶこともできるし
保有している商品をどうするか
考える機会にもなるはず。
 
 
 
そして「じぶん」
こんな時に、今している仕事以外で
じぶんは誰のどんな役に立てるだろう?
を考えてみることは、じぶんを育てることにつながると感じています。
 
災害時は避難所で避難者の話を聴くだけでも
大変重宝がられますし、
 
どんな人が何を欲しているのか?

自分にできること
のマッチングが、人生のヒントになるかもしれませんね。
 
今回のような疫病災害で影響を受ける人、受けない人。
自然災害で影響を受ける人、受けない人。
 
私たちには予知もできないし、すべてをカバーする
「これなら絶対大丈夫!」はないからこそ、
今ある収入源とは別の、もうひとつのポケットを持っておくことが
重要な時代になってきました。
 
資産づくりも「分散」が大切なように
ご自身の中でも家族の中でも、
「ひとつ(ひとり)がコケても大丈夫」と言える
「分散」をしておきたいですね。
 
有史以来、私たち人間はソフト面でもハード面でも
進化してきたことは否定できません。
この時に、何を進化させることができるのか?
そこにアンテナを立てて
じぶんの経験やスキル、才能や感情、人脈、時間やお金の使い方を
考えてみたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました