時代の波に乗っかろう

独立・セルフマネジメント
少し前まで、会社員が副業をするなんて タブーでした。   理由は、 ・本業に集中できないから ・機密が漏洩するといけないから といった、完全に企業目線のものでした。     心なしか 「副業したいなら、そっちやれば? あなたの代わりはいくらでも、いる」 とでも言われているような感覚でした。     時代が流れて現代の、これからの日本。 少子高齢化、人手不足、経済の回復(これは疑わしいですが)・・・ 仕事はあっても人手が足りない! という状態がすぐそこまできています。     そして社外での人脈や活動を評価し、 なんなら自社の業務にも利用してもらおう! と思っているのかどうかはわかりませんが ちらほら副業を認める企業も出始めました。   また、インターネットの普及やそれを使った映像技術等の進化により オフィスがなくても遂行できる業務、も出てき始めました。       満員の通勤電車に乗って、会社へ行って 机を並べて仕事をする、という働き方。   しばらくは、なくならないでしょうが 今後は働く場所が限定されない働き方、 が増えてくるはずです。     元来、会社というのは とある事業に対して創業者が 「この指と〜まれ!」をして その想いや事業の将来性に賛同した人たちが 参画して派生したもの。   であれば、各プロジェクトを立ち上げるたびに 「この指と〜まれ!」をして フリーランスの精鋭たちが集い、完成させ、解散する。 を繰り返してもいいのではないかと考えます。     会社ではなく、仕事を選ぶ。 それがフリーランスの働き方であり 自分で時間を管理できる働き方なのです。     安心してください。 仕事は、なくなりませんから!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました