図書室

図書室

生きるとは、人の役に立つこと

高齢者や病気で外出ができない方の中には、人に必要とされていないと感じてしまう苦しみや孤独の中にいる人がいる。その状態が続くとたとえ元気な人でも積極性がなくなり無気力になっていく。そして自信や自己肯定感がなくなり健康的なパーソナリティを失っていく。
お金のお話

「決めた」ことの結果

こんにちは。やまがたのりこです。   最近「投資」に関する本を 手当たり次第読んでいます。   先日読み終えたのは 村上世彰氏の「生涯投資家」。 2003年ごろ新聞紙上を賑わせていた方の 著書にとても興味を持ちました。  ...
図書室

「言葉にできる」は武器になる

こんにちは。やまがたのりこです。   自分では全く自覚がないのですが 私は頭の中にある考えや意見を 言葉としてメールやブログで表現することが どうやら好きみたいです。   人によっては絵や写真、書道やダンスなどで 表現するこ...
図書室

自分を掘り下げること、表現すること

「最後まで自己表現の手段を持てる人は幸せである」 「生きているということは自己表現をすることで、 体が不自由になっても、人間息が止まるまで 自己表現をしていかなければいけないと 自分に言い聞かせる」 「言葉を考えるとき、私...
図書室

読書の効能

子どもの頃から、本が好きでした。   正しくは、自分で「本が好き!」って思ったことはないけど 気がつけば「本を読んでいた」っていうことは何度もあった。       本は友達、とかいう人もいるけど そんなことは、ない。 ...
タイトルとURLをコピーしました